プロフィール

HeRo

Author:HeRo

主に家にいます
PCと睨めっこ率は60%以上
趣味:映画鑑賞・ゲーム・写真
仕事はデザイン関係

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
家族でつくれる! 仮面ライダー安心ごはんレシピ(エンターブレインムック)

家族でつくれる! 仮面ライダー安心ごはんレシピ(エンターブレインムック)
検索フォーム
足跡カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カメラ道具紹介
CANON 7D
7D

EF24-105mm F4L IS USM
10-22

EF70-200mm F4L IS USM
10-22

EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
10-22

EF50mm F1.8 II
50

SP AF 28-75mm F/2.8 (A09)
28-75

SP AF90mm F/2.8 Di MACRO (272E)
90SP

AF18-270mm F/3.5-6.3 (B003)
18-270

スピードライト320EX
10-22

1.4X テレプラス MC4 DGX
10-22

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハドソンありがとう

103.png

黄色い色に蜂のマーク

3月1日にコナミと合併だそうで・・・

思えば幼少の頃からお世話になりました

ブログ内にもある「サラトマ」もその1つでしたね

ありがとうハドソン


タイトルと共に、思い出を書いていこうと思います
世代的なものや自己満足が多く含まれますので、
興味ない方はスルーでお願いしますm(_ _)m

まず、やったことのあるゲームを箇条書き

R-TYPE
イースシリーズ
貝獣物語
大貝獣物語シリーズ
カトちゃんケンちゃん
サラダの国のトマト姫
スターソルジャー
高橋名人の冒険島シリーズ
高橋名人のBUGってハニー
天外魔境‎シリーズ
ファミコン版ドラえもん
忍者ハットリくん
バイナリィランド
バンゲリングベイ
PC原人
ビックリマンワールド
ファミコンウォーズ
プーヤン
ブラッディロア
ボンバーマンシリーズ
マリオパーティシリーズ
ミッキーマウス 不思議の国の大冒険
迷宮組曲
桃太郎シリーズ‎
ロードランナー



wikiで見ながら書いてるけど、
全作品の半分も触ったことなかったのねw
結構やってると思ったのに・・・w

それでもファミコンからの思い出は非常に多い
ハドソン!と聞くと、最初に思い浮かぶのがCMで使われてた

「バ~ィ ハドソン!」

今だに頭から離れないw
それと、ハドソンのゲーム=高橋名人
これも離せない組み合わせかなと
高橋名人も現役でゲーム会社に勤めてるし
まだまだ頑張ってほしいです^^

他にも、絵を描く上で貝獣物語とかは影響力が高いかなw
あのシリーズのキャラクタが大好きで、特にポヨン・・
思い出としては、大貝獣物語の初期の早解きキャンペーンがあって、
ゲーム内の言葉をハドソンに送ると先着何名に貯金箱が貰えるのがあって
発売5日後に送って貰った覚えがあるw
ちなみに未だにその貯金箱も持ってますよw

シリーズでまだまだ出て欲しいのは天外魔境
これもずっとやってる気がするw
独特な戦闘とか好きだし、出てくるキャラクタも凄く好き
去年も実はPSPで天外魔境 第四の黙示録をやってたw
セガサターンでもやってたけど、PSPでもう一度プレイ・・・というぐらい好きw
文句があるなら、最近のよりは昔の方が面白かったかなw

シリーズで好きなゲームと言えばもうひとつ
桃太朗伝説
昔話で出てくるキャラを仲間にして
閻魔大王をこらしめる話し
単純だけど、組み合わせが斬新だったり、
ファミコンの桃太朗伝説なんて、時間が経つと桃太朗が歳をとるというねw
何回もプレイしたのはスーファミの新桃太朗伝説だったな
意地で貧乏神のレベルをMAXまで上げたことありますw

あとPCエンジン・・・って今の子は形すら分からないんじゃないかな?
カトちゃんケンちゃんが難しかったけど面白すぎたw
多分当時の、ご加トちゃんケンちゃんごきげんテレビが放送してた時代のゲームかな?
3つに別れた太鼓を持ったケンちゃんが印象的なw
当時はあの玩具も買ってもらってたなぁ・・・w

ででん でん だぁいじょうぶだぁ~
ででん でん ウェ!ウェ!ウェ!


え?知らね?w

後はブログでも攻略したサラダの国のトマト姫
伝説と化してるゲームの1本w
自力でクリアした人がいるのか・・・というぐらいの難易度
でも昔はこれを一生懸命解いてたな
何回最初からやり直したのか分からないぐらいやった


何回もやろうと思うのがハドソンのゲームの良いところかな
ファミコン世代では切っても切れないメーカー
それと高橋名人のようなカリスマゲーマーに、
各ゲームに出てた有名人の数々、
一癖も二癖もある愛すべきハドソン独特なキャラクター達
子供の頃に1回は触って、皆の頭に今もあるシュウォッチ(連射測定器)
ただの連射コントローラなのに高かったジョイカード
高橋名人が連射で使っていたジョイスティック

おそらく何もかもの原点がハドソンに詰まっていたと思える
ハドソンという名前が無くなっても
きっと死ぬまで覚えてるんだろうな

3月までまだまだ1ヶ月ちょい
それまで頑張ってハドソンさん!

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。